D’Ya Hear Me! e​.​p.

by NTsKi + 7FO

/
1.
2.
3.
4.

about

シームレスな活動で多方面から注目を集める新世代SSW/プロデューサー、NTsKi(ナツキ)と国内外で評判の浄土ニューエイジ・ダブ・アーティスト、7FO(ななえふおー)のコラボレーション・シングル。この異色のコンビが今も愛され続ける80sポストパンク名曲、ブレンダ・レイ「ドゥヤ・ヒア・ミー!」を怪しくもドリーミーな似非ラヴァーズ・ロックにダブ・アップ。ビムワン& CVNの最強リミックス2曲もカップリングしたアーバン・ミュージック・ラヴァーへ捧げるe.pです!

Sun ArawとLily Allenの出会い?Lee Perry&Linda McCartneyの再来?異色の組み合わせによる似非エレクトリック・ラヴァーズDUBチューン!

7FOが担当した妙なタイム感を持つオケの暖かみと破壊的ユルさはファンの期待を裏切らないが、どこか不気味さの漂うNTsKiのウィスパリング・ヴォーカルが乗った瞬間、怪しくもドリーミーな似非ラヴァーズ・ロック・チューンに化学変化。DIYな打ち込み&ギターで歌われたオリジナル版とは全く景色の違うこのエレクトリック・ダブ・アップ・グルーヴは、ジャマイカを遠く離れ<各国訛りのDUB>が増殖していく現在、これぞ<日本訛りのDUBアップ>の極北ともいえる。

このチューンをダンスホールDJセットのど真ん中に連れてくる匠の技REMIXを施したのは、通称”ビムワン”としてベース・ミュージック界にその名を轟かせる最強エレクトロ・レゲエ・リズム・プロダクション、Bim One Productionだ。7FOをして悶絶KOさせたサウンド作りはまさにプロ中のプロの仕事。

もうひとつの目玉はOrange Milkからアルバム(※NTsKiをヴォーカルにフィーチャー)を発表したエレクトリック・ミュージック・プロデューサー、CVNによるリミックス。彼の一面であるノイズ〜インダストリアル・センスをアクセントに利かせるハード&スタイリッシュなREMIXで、どこか80sの4ADもしくはフレンチ・ポップを連想させる仕上がりが新鮮!

credits

released November 1, 2019

In 1981, Brenda Ray / Naffi Sandwich released the sweetly yearning “D’Ya Hear Me!”. The song is now considered a post-punk classic, and here we have a warm digi-reggae version sung by Kyoto composer/producer/vocalist NTsKI (“Natsuki”), with backing tracks performed, recorded and mixed by Osaka-based producer/guitarist 7FO (“nana f o”). Also on this release are a karaoke version, plus two remixes, the first a dancehall-flavoured version by Bim One Production, a Tokyo electro-reggae production duo. The second mix is from Nagoya-based electronic producer CVN, who provides a harder version. This revisioning of a much-loved classic is available on CD, 10-inch vinyl and digital.

Cover photo: Shusaku Yoshikawa
Special thanks: Brenda Ray, Hiroshi Takakura (Riddim Chango)

license

all rights reserved

tags

If you like D’Ya Hear Me! e.p., you may also like: