Lam Klom Thung: Essential Phairin Phonphibun ラム・クローム・トゥン~幻の白い鳥:エッセンシャル・パイリン・ポーンピブーン

by Phairin Phonphibun パイリン・ポーンピブーン

/
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.

about

アンカナーン・クンチャイのファンにも大スイセン。パイリン・ポーンピブーンの名演ベスト選。タイ音楽の宝石です!

パイリン・ポーンピブーンはイサーン音楽の大物プロデューサー、スリン・パークシリが特に目をかけた歌手で、アンカナーン・クンチャイを踏襲した正統派モーラムだ。本作はパークシリのプロデュースによる全盛期70年代後半~80年代初頭の名演を集めたベスト盤だ。粗製濫造を嫌うパークシリゆえに録音は多くなく、殆どが7インチ・シングルのリリースだったため収録曲の音源価値は相当に高く、ほぼ全て世界初CD化となる。

表題曲「ラム・クローム・トゥン(幻の白い鳥)」はイサーン音楽を主役にした特大ヒット映画『モンラック・メナム・ムー』(78年)の主題歌で彼女の代表曲。これに感動したタイの大物歌手、ワイポット・ペットスパンが、パークシリにカバー制作を懇願したという逸話もある曲だ。

常にイサーン音楽に新風を吹き込んだ変革者であるパークシリだが、特にパイリン作品は彼が最もキレていた時代ゆえに内容は超実験的。ラム・プルーンやラム・タンワーイ、ルークトゥン・イサーンなどどれも一癖ある録音揃いで、アフリカ音楽を思わせるポリリズミックな曲、トライバル・ダンスミュージックそのものの曲などディープな作品が目白押し。歌手の声と容姿にのみスポットが当てられがちなタイ音楽の中で、日米欧の名うてのプロデューサー/アレンジャーの仕事と同じく、サウンド面でも語られるべき名曲が並ぶ。ファンクでもジャズでもロックでもクラブミュージックでもない独自の音楽モーラム、タイ音楽を知れば知るほどその輝くような特別さがわかる、Soi48とエムが自信を持ってお送りするスペシャルな1枚です。

----------------------------

モーラム:モーは達人、ラムは声調に抑揚をつけながら語る芸能。つまり“語りの達人”で、その歌手とジャンル両方をさす名称。

ルークトゥン:“田舎者の歌”あるいは“田園の子供”の意を持つ音楽ジャンルで、1960年代半ばにその名が確立され、現在はタイのナショナル・ジャンルとして継承されるタイ独特の歌謡音楽。田園風景、田舎と都市の対比、市井の生活や時事問題を扱う歌詞を重視する。音楽上の傾向はあるが特定の音楽形式はない。

credits

released March 23, 2018

Something special happens when a talented, versatile singer teams up with a visionary, attentive and focused producer. This remarkable collection is the cream of such a collaboration, featuring vocalist Phairin Phonphibun and her late-70s and early-80s work with Thai studio legend Surin Paksiri. These 10 songs showcase Phonphibun's mastery of a range of Isan musical styles, always skilled, always singular and always soulful. Her spirit-lifting, authentic molam voice is honored here by the work of the still-active production genius Paksiri, who realizes that as wonderful as a beautiful voice is, when that voice is set, gem-like, in a fitting and inspiring musical environment, the results are timeless. All of these songs were originally released as 7-inch records on Paksiri's own label, in an era before the cassette era devolved, for lesser talents, into a production line of sound-alikes. Every song has a thoughtful, unique arrangement, with a style and sensibility which separates them from other molam and luk thung of every era. In this sense, Paksiri can be ranked along with renowned auteur producers of the Western musical world, with his attention to detail and keen musical sense evident on every track, retaining an undeniable Thai essence while introducing disco, soul and rock elements. A highlight here is the title tune, one of Phomphibun's signature songs, featured in the 1978 film "Mon Rak Menam Mun" and which so impressed Thai show-biz big boss Waiphot Petsuphan that he asked Paksiri to produce his own cover version.

* Molam: "Mo" is an artist and "Lam" is a kind of performance art where the artist tells a story using tonal inflexions. In other words, the term Molam refers to both the singer and art form. Molam pieces are not strictly speaking "songs".

license

all rights reserved

tags

If you like Lam Klom Thung: Essential Phairin Phonphibun ラム・クローム・トゥン~幻の白い鳥:エッセンシャル・パイリン・ポーンピブーン, you may also like: