We've updated our Terms of Use. You can review the changes here.
supported by
TigerTorakio
TigerTorakio thumbnail
TigerTorakio A delightful collection of Japanese folk songs. The raw recording adds a warm presence or intimacy. The microphone's hiss, the sounds of passing cars: things we might call flaws remind us that these songs were sung in the moment, unedited, in all their spontaneous, earthy joy. Favorite track: 「高砂(そうだい節)」Takasago (Soudai Bushi).
/
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
13.
14.
15.
16.
17.
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.
26.
27.
28.

about

<収録曲>
M1-12『おしゃらく』(CD版ディスク1)
M13-28『葛西・浦安の民謡』(CD版ディスク2)

俚謡山脈監修シリーズ第四弾は東京の芸能「おしゃらく」のレジェンド録音。明治生まれの芸達者達による最強パス・ザ・マイクの模様も収録した全28曲。この良い声、良い唄の大洪水を浴びれば貴方は自然と言ってしまうだろう「ジジィババァの芸は最高だな!」

東京にも民謡ってあるの?と問われたら答えたい「東京こそ唄の宝庫だ!」と。東京オリンピックによって急速に失われた「古き良き東京」をはっぴいえんど(松本隆)は「風街」という架空の街に見立てたが、「風街」とは別の東京、農漁村の人々や船頭が生きていた東京がつい数十年前まで存在していたことを、一体どれほどの人が現実に知っているだろうか?毎月念仏講(※1)が催され、農作業や土木作業で唄う作業唄があり、晴れの場では祝い唄を全員で唄い、夏が来れば盆踊りで死者の霊を慰めた。

今回我々が紹介するのは、東京の江戸川区および隣接する千葉の浦安に残されていた「おしゃらく」という芸能だ。おしゃらくは念仏講で歌い踊られていた念仏踊りを起源とし、そこに遊芸人である瞽女や飴屋の唄、江戸のはやり唄などを取り込みつつ高度に発展を遂げた「民謡と民俗芸能のハイブリッド」とでも言うべきものだ。この芸能は茨城から千葉、埼玉、神奈川まで分布しており、「万作踊り」「小念仏」の名称でも知られているが、おしゃらくはその中で最も複雑かつ洗練された芸能と言える。達者な三味線、モーラム(※2)にも引けを取らない節回しを聴かせる唄、踊り手を鼓舞するように快調なビートを刻む鉦と太鼓。民謡には「素人の良さ」があるのは確かだが、ここに登場する人々は「芸達者中の芸達者」だ。CD版のディスク2には、そのおしゃらくオールスターズが唄う葛西と浦安の民謡を収録しており、これがまた凄い内容。作業唄から盆踊り唄まで一流の芸達者たちによる土着民謡大会!ファンキーとかドープとかいう言葉ではとても表しきれない、目くるめく「良い声」「良い唄」の大洪水に酔いしれて欲しい。

本作収録音源は、現在も葛西おしゃらく保存会の会長を務める藤本秀康氏が昭和40~50年代に自ら録音した膨大な量の所蔵テープをSUGAI KENが労をいとわずデジタル変換し、そこから俚謡山脈が藤本氏と共にセレクトした。アレマイユ・エシェテ(※)のような歌手が日本にもいたらな~と夢想したことがある人に教えたい、小川金蔵、長谷川米吉、高橋八五郎、藤代伝八、等々、全員素人だがプロ以上の声を持った達人たちが東京と千葉にいたのです!と。

※注釈
1) 念仏講:主に浄土宗系の信者が、集まって念仏を唱える儀式のこと。同時にその集団自体を指す。念仏が済むと、持ち寄った食事を食べたり、唄や踊りで楽しんだ。宗教儀式というよりは、今で言うところの老人クラブに近い。
2) モーラム:ラーオ系の芸能でラオスやタイ東北地方イサーンが本場。モーは達人、ラムは声調に抑揚をつけながら語る芸能。つまり“語りの達人” で、その歌手と芸能の両方をさす。モーラムは“歌” ではない。
3) アレマイユ・エシェテ (Alemayehu Eshete):エチオピアのジャズ/歌謡歌手。1941年生まれ。エチオピア独自のフィーリングを色濃く残したその節回しでジャズやロックを堂々と乗りこなし、エチオピアのエルヴィスという異名を取った。

監修・解説:俚謡山脈
ADテープ変換:SUGAI KEN
マスタリング:倉谷拓人 (Ruv Bytes)
装丁:高木紳介(Soi48)

credits

released October 26, 2018

Osharaku is a traditional Japanese form of musical entertainment, featuring mainly voice, shamisen and percussion, with a repertoire of folk and popular songs, performed by farmers and fishermen for local audiences. This compilation, 28 tracks compiled by Riyo Mountains, is the fourth release in the EM Records/Riyo Mountains Japanese folk
series. These recordings feature legendary Osharaku masters, recorded in their homes, brilliantly capturing the casual warmth and vitality characteristic of the style. Osharaku is unique in its use of shamisen, originally an “uptown” urban instrument, in a “downtown” non-urban setting. These joyous tracks, all recorded in the 1960s and 70s, are available as a 2-CD set or a single 12” vinyl LP, with English translations and rare photos.

Cover art: Shinsuke Takagi (Soi48)

Riyo Mountains:
Japanese folk song research team formed by Mood Yama and Takumi Saito. They are resident DJs at the renowned party "Soi48" at Be-Wave, Tokyo, featuring music from all over the world. They produce the Japanese folk song mix-CD series entitled "Riyo Mountains Mix" and also direct the reissue series of Japanese folk music on EM Records, including the releases "Yumi-kagura", "Sakai Ishinage Odori”, and "Kizaki Ondo”. Riyo Mountains have appeared as DJs at many events/programs including NTS (London) and Japanese Bon-Odori traditional dance festivals. Their articles about Japanese folk music are now published serially in the Japanese web magazine “boid".

license

all rights reserved

tags

about

EM Records Osaka Prefecture, Japan

=Attention=
Orders from North America and Europe will be sent by DHL unless otherwise requested (updated Sep. 1, 2022). Please check our shipping policy about more details. Thank you.

contact / help

Contact EM Records

Streaming and
Download help

Shipping and returns

Redeem code

Report this album or account

If you like おしゃらく Osharaku, you may also like: