New Luk Thung ニュー・ルークトゥン (นิวลูกทุ่ง)

by Juu & G. Jee ジュウ&G・ジェー

/
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.

about

ถึงผู้สั่งซื้อจากประเทศไทย
เว็บช็อป Bandcamp มีบริการชำระเงินผ่าน PayPal สินค้าจะถูกจัดส่งจากญี่ปุ่นทางแอร์เมลแบบลงทะเบียนเพื่อให้ถึงท่านอย่างปลอดภัย ทั้งนี้ กรุณากรอกชื่อและที่อยู่เป็นภาษาอังกฤษเมื่อทำการสั่งซื้อ

อัลบั้ม『New Luk Thung』ผลงานของ Juu & G. Jee มีกำหนดจัดจำหน่ายในช่วงปลายเดือนกรกฎาคม

Never colonized, Thailand has remained purely itself across the years even while developing, evolving and selectively adopting international influences; the same can be said of Thai popular music, and can be clearly heard in previous releases of Thai music on EM Records. Perhaps the exception to this instinct of “pattana” (Thai for development or evolution) has been the luk thung genre, which, despite great forward leaps in the 1960s and 1970s, has been stagnant since the 1990s. New Luk Thung is here, however, as JUU and his friends update the luk thung genre with keyboards, drum machines, and samples from luk thung classics. Contemporary hip hop and trap are fused with luk thung and ramwong elements, as well as the traditional Isan/Lao instruments khaen and phin. Ex-biker JUU has been musically active since the 1990s as a respected rapper, musician and producer, relocating from Bangkok to the musically rich Isan region. His lyrics, in Thai, English, Khmer and Japanese, deal predominantly, humorously and punningly with ganja. New Luk Thung features 10 new tunes, recorded 2017-2019, produced by JUU and Young G (stillichimiya). Vocal guests include G. Jee, Chinza Dopeness, Dengaryu, MMM, Big Ben, Mr. Maro and Young-G. Songs here include a tribute to Dao Bandon’s 70s luk thung classic “Man on a Water Buffalo”, a theme song for the mystery group OMK (One Mekong), a cover of a hit from a 1977 film, and other new treats. Available on CD, vinyl and digital, with English translations of the lyrics and Soi48’s liner notes.

Arranged, mixed and produced by Juu & Young-G (stillichimiya/OMK)
Khaen on “Alien on a Water Buffalo” by Ayumu Ushida
Percussions on “Niang” and “She Ley” by Kawa a.k.a Cosmo Echo
Mastered by Takuto Kuratani (Ruv Bytes)
Cover art by Shinsuke Takagi (Soi48)
Photographs by Hidetoshi Narita
Special thanks: Shota Kinpalla, Nikki-san, JONE 500, Surin Phaksiri, Takehiko Sato
Japanese translation: Kaori Marui
English translation: Matthew Lane

credits

released July 27, 2019

鎮座DOPENESS、スティルイチミヤ(Young-G, MMM、田我流、Mr. 麿、Big Ben)参加!

まだアメリカが知らないHIPHOPの最新形はここにある。88risingと真逆な方向からアジア・ローカルをレペゼンし、それ故にグローバルに通用する全くフレッシュな音楽を作り上げてしまうタイの異能、Juu。オートチューンを手にいれたキャプテン・ビーフハートか?水牛に乗ったドレイクか?1stフル・アルバム『ニュー・ルークトゥン』登場。

Juuとは何者か?魅力的なアクトが次々登場するタイのHIPHOPシーン。その中でもOGとしてリスペクトされるJuuだが、タイ国外からその存在をキャッチするのは困難を極める。タイ語で歌いフィジカルはゼロ、Youtubeにしか存在しなかったその痕跡をOMK(One Mekong)が辿って接触に成功。2017年、遂に彼を招聘して初来日ライブを敢行しその異形な音楽性と人物像が明らかとなる。太すぎるベースと細かく刻まれたハイハットのグルーヴはTRAP以降のそれだが、自在に伸縮するフロウ、英語・タイ語・日本語・甲州弁を織り交ぜるぶっ飛んだ言語感覚、そして豊穣なタイ音楽クラシックからの引用(あとファニーな人柄も)そのどれもが当世に溢れるTRAPコピーキャットと全く別次元にいることを示していた。

本作はこの異才とOMKの面々が意気投合し、stillichimiya/OMKのYoung-Gのリードで共同制作を始め、およそ2年がかりで完成したJuu初のフル・アルバムとなる作品だ。大半のトラックがYoung-Gの手になるもので、このサウンドがまたOMKのアティテュードを反映した野心にみなぎっている。チンやカウベルやケーン、ピンといったタイの楽器を随所に取り入れつつ、しかし決してエキゾチックな味付けに使っていない。タイに元々あるビートやグルーヴを注入するため、それらを必然として取り込んでいるのだ。そしてメロウな曲で滲み出るのはルークトゥンとも日本の演歌とも通じるフロウ(歌心)。それらがJuuのバックグラウンドであるHIPHOPやレゲエを介してなんとも言えない「新しい歌謡感」を生み出している。

タイトルの『ニュー・ルークトゥン』が示す通り、本作は死滅しかけていたタイの歌謡ジャンル、ルークトゥン(*1)を最先端HIPHOPでパッタナー(*2)したものだ。このルークトゥンという音楽は、HIPHOP同様に過去のクラシックを何度も引用(サンプリング)し蘇らせる。そしてこれもHIPHOP同様に歌詞(リリック)が非常に重要な音楽でもある。このルークトゥンとHIPHOPに共通するマナーを完全に矛盾なく消化しきったのが本作の特徴だ。Juuが制作の過程でYoung-Gに「これはニュー・ルークトゥンだ」と言ったことから付いた本作のタイトルだが、これは必然というべきネーミングだろう。本作は「最新のHIPHOP」であるし「最新のルークトゥン」でもあるのだ。タイHIPHOP界最高の”マスター・ポエット”としてリスペクトされるJuuの詩の世界は、翻訳に難航を極めた完全対訳を是非チェックしてほしい。

<作品詳細>
収録曲の多くはジュウと彼の弟子(*3)、G. Jee(G.ジェー)によるタイ日英語を交ぜたツイン・ヴォーカルで歌われる。70sルークトゥンをループしたWEIRDトラックで鎮座DOPENESSとMMM(スティルイチミヤ)をフィーチャーした①「深夜0時、僕は2回火を付ける」にはじまり、スリン・パークシリがプロデュースしたカワオ・シアントーンのガンジャ・チューン名曲「Bong Ganja」をサンプリングしてアーバン・メローに仕立てた③「ラ・エイ・ラ」、ルークトゥン王道テーマを歌う④「She Ley~田舎でのんびり」、<合法化>を訴えるバラード⑤「隣人」、パイリン・ポーンピブーンの美しい名曲が暴力的なベースに変貌した⑥「Yum Klom Thung~ハナと僕の道」、スティルイチミヤが勢揃いしパス・ザ・マイクで盛り上げる⑦「ソムタム侍」、ダオ・バンドン「水牛に乗る人」へのオマージュの姿をしたグローバリスト批判⑨「水牛に乗るエイリアン」、そして⑩「OMKテーマ」で締めるという怒濤の40分。

*注
1)ルークトゥン:“田舎の子”、“田舎者の歌”の意を持つ音楽ジャンルで、1960年代半ばにその名が確立し、現在はタイのナショナル・ミュージックとして継承される歌謡音楽。田園風景、田舎と都市の対比、市井の生活や時事問題を扱い歌詞を特に重視する。特定の音楽形式がないため雑食性が高い。

2)パッタナー:タイ語で変革、発展、改革の意。プロデューサー達が好んで用いる言葉。タイではパッタナーを怠った音楽はあっという間に一線からいなくなる。

3)歳上を敬う社会であるタイの音楽業界には師匠・弟子の伝統がある。HIPHOPであってもその関係は揺るぎない。

license

all rights reserved

tags

Track Name: Time 2 Yam〜深夜0時、僕は2回火を付ける (feat. 鎮座DOPENESS & MMM) (2ยาม)
「深夜0時、僕は2回火を付ける」 Feat. 鎮座DOPENESS and MMM (stillichimiya)

(原題:Time 2 Yam(タイム・ソーン・ヤームと発音))

*(Juu)
時間は深夜12時 2回ほど火を付けて
ヤバイ、心が あと2回煙の中に入っていく
愛しい人が2日のうちにやって来る
お月様を2つ キミは僕に待っててと言った
キミがどこにいるのかも分からない タイに行きたいと言っていたね
座って ボングをキメて どうしてと叫ぶ
葉っぱを吸って叫ぶ ヤバイ!

(Juu)
だけど、 今、僕はまだ日本にいる トーキョーからやって来た ガソリン何リットルも使ってない
僕がいるところには公害がないんだ 山梨方面から一宮 
土偶もない パチンコに行こうにもない
こーれ! そーれ! あーれ!! ないんだ
モグモグパン(*1)に行こうにも ないんだ

(MMM)
コンクリ タイル砕いて アスファルト剥がして 裸足で歩いて
笑ってもっとBaby 気取ってないで Night & Day 踊って
金 ビル ヒルズ エレベーターもういらない
バーンノーク・ディー・クワー(*2)(ズラ)
社員なハートじゃロボとほぼ同等
チャ・パイ(*3) ヤバいサバイ三千世界

※繰り返し

(G. Jee)
行く前に 帰るって言うわ 日本に来たら 本当に良かった 電車は渋滞してないし お金は流通
捕まえるっていうのは捕まえるっていうことで お金で解決はなし 富士山でブリ(注4)するみたいに簡単じゃないの
OH! ねぇ 無視してないで 選挙しなきゃいけないの
今 全然お金がないの 話したくない 選挙をお願い

(鎮座DOPENESS)
僕にグラインダーは要らないんだ
ハサミチョキチョキ優しく触れて砕く
ローチには何も印刷されていない真っ白な紙
リズラで巻き上げたらいっちょあがり
愛情注くことにより変わる味わい
是非僕のジョイントを君にも味わって貰いたい
ファンタスティック ブッダスティック ヒップ to da ホップステップジャンプ タイム感覚 ラスタ・ファーライ それじゃ~~~また

*繰り返し

=======================================

*注記:
1) モグモグパン:山梨県笛吹市にある自家製酵母のパン屋さん。名店。

2) バーンノーク・ディー・クワー:タイ語で「田舎はいいね」の意。ルーンペット・レームシンが歌った同名の70年代ルークトゥン名曲があり、
空族映画『バンコクナイツ』に使われた。オザワとバビロン・バンド、くふきと乙津理風、エマーソン北村によるカバーも必聴。

3) チャ・パイ:タイ語で「さあ行こう」の意。

4)ブリ(ブリブリ): ハイになっている、または大麻摂取時の擬音。
Track Name: かわいいキミ Niang (เนียง)
「かわいいキミ」

(原題:Niang *)

(G. Jee)
初めまして。まじで。お元気ですか。ありがとうございます
よろしくお願いします。体に気をつけてください。Chass!!

(Juu)
見つめる 何故こんなにも美しいんだろう
見つめる 何故こんなにも美しいんだろう
どこの女性だろう 僕の心を射抜く
腕を組んで歩いたら きっととってもお似合いさ
ねぇ 僕は知らなかったよ
ねぇ 僕は知らなかったよ
話しかけたい 抱きしめたいけど、今は手付けで予約しておくね
可愛いキミが歩くとね オトコはつい妄想しちゃうんだ

(G. Jee)
Hajime masite majide ogenki desuka. Arigatou gozaimasu
Yorosiku onegai simasu. Karadani kiwotsukete kudasai. Chass!!

(Juu)
見つめる 何故こんなにも美しいんだろう
見つめる 何故こんなにも美しいんだろう
どこの女性だろう 僕の心を射抜く
腕を組んで歩いたら きっととってもお似合いさ
ねぇ 僕は知らなかったよ
ねぇ 僕は知らなかったよ
話しかけたい 抱きしめたい けど、今は手付けで予約しておくね
可愛いキミが歩くとね オトコはつい妄想しちゃうんだ

==================================================

*注:
「niang」は「nang(ナーン)」のカンボジア風の言い方。女性、彼女等の意味。
Track Name: ラー・ウーイ・ラー Rah Oei Rah (ราห์เอ๋ยราห์)
「 ラー・ウーイ・ラー」(Rah Oei Rah)

(Juu)
竹のどこが良いんだ? 竹は凄く使えるんだ えーっと カオラーム(*1)とか カオラーム食べたことある?

(Juu)
また僕らは朝まで酔わなくちゃ
またミックスしても足りない
僕のその友達は眠っているよ
もう一人もまだ座って口説いてる
もう十分だよ 十分 おやすみ もう先に失礼するよ
ガラスでキメて 竹でキメて タイ式でキメて 人生は最高
Hash(*2)もwax(*3)もまた酔って ピックに2オンス いっぱいに入れる
オレンジ色の木 とってもカワイイ 気が遠くなっていく つこん(*4)
光のすべてが サウンドのすべてが 物事のすべてが 短くて 長くて
うとうとと 生臭い臭いの中に落ちていく みんな星々の方に出ていく
何でもイイ 何でもイイ 何でもイイ それでいいんだ 力を抜いて
歓喜して 歓喜して 歓喜して いつ? 変わるのは
紙の上のガンジャ 長い巻き レーザーのような
竹コプターのように浮遊 毎回 アンダープレッシャー
出て行って煙の中に立ちたい 本当だよ 嘘はない!

(Juu)
Rah Oei Rah 始めよう 竹の筒で 尖らせてガンジャのボングになったら

(G. Jee)
生きる道を隠したら それぞれみんな出て来て見せて みんな roll を見せに来て
Way to house 体を伸ばして掴む beats の中で
人の魂は自由じゃない みんな同じ(変わらなきゃ)
歌はみんな break down
ちょっと待って  私の雲の中のビート
私のサウンドに混乱したら 私の家に来て
夜明けに吸ってもいい? 口を温めてくれるの(love)
私の魂を強くして 私を心配させるの
私を一人にしないで 私をダウンさせないで
あなたに今起きて欲しいの あなたが起きたら 家族のために遠く離れるわ
そしてみんなに言う「あなたがどこから来たのかを忘れないで!」

(Juu)
Rah Oei Rah 始めよう 竹の筒で 尖らせてガンジャのボングになったら

=====================================================

この曲は、70年代にスリン・パークシリが作曲・プロデュースし、ルークトゥン歌手、カワオ・シアントーンが歌ったガンジャ・チューン
「Bong Ganja(大麻竹=大麻吸引用の竹筒)」のトラックをサンプリングしている。「竹を削っていたらどういうわけかbong ganjaになって
しまった」と歌うとぼけた曲で、最後は現行犯逮捕されるオチがつく。Juuさんは原詞をふまえて作詞していると思われる。原曲は『V.A. /
Classic Productions by Surin Phaksiri: Luk Thung Gems from the 1960s-80s』 [EM1155CD/LP_Digital]に収録。

*注記:
1) カオラーム:竹筒にもち米とココナッツミルクなどを詰めて蒸し焼きにしたもの
2) Hash : マリファナ
3) Wax : 大麻の幻覚成分を抽出し、濃縮加工した物質
4) つこん 山梨弁で「そうなんだよ」という意味
Track Name: She Ray~田舎でのんびり (ชีเรย์)
「 She Ray - 田舎でのんびり」

(Juu)
水田の農夫が魚を焼く 子供もお腹がいっぱい
彼女はレイレイレイ(*1)… ほら 最高
楽しい音楽が 村のみんなも踊って 気楽に 村のみんなはのんびり
彼女はレイレイレイ… さあ 最高

(Juu)
自然は持ちつ持たれつ 山に抱かれて 関係の感覚
緑の葉 チョウマメ色 木々は太陽から光を 食料を受け取る
まばらな木々 ヤムイモの森 マングローブ 様々な木の森
険しい地形 森の動物達 みんな楽しく
イサーンから関西へ 関東に流れて北海道 世界へgo
いつも心に One Mekong 煙で道しるべを
水浴びして リラックス 田舎の空気 Good to be free
サケ サートー(*2) そしてカンパイ! ここはのんびり 敵なんていない
葉っぱを吸って ビタミンCを吸って 田舎に住んでキャベツを栽培 
今すぐ行きたいのは コーンケーンからあの山梨へ
どら焼きを食べに行きたい カピで刺身を食べて
サクラの葉っぱにジャスミン なんてキレイだ

(Juu)
村人が船を出す 列になって魚を捕まえて 横にはマングローブの森 上にはカニクイザル
彼女はレイレイレイ… ほら 最高
船に乗って出て行くと疲れるよ だから イナゴを持って来て プラーラーを付けて食べよう
彼女はレイレイレイ… さあ 最高

(Juu)
カンパイ!
ヤバイ!
長すぎ!
世界!
Get High!
田舎でのんびり リラックス!
田舎でのんびり ヤバイ!

=============================

*注記:
1)レイ:Juuさんの独特の表現で、ここでは心地良い、楽だ等の意味を持つ。
2)サートー:もち米から造ったお酒。イサーン地方でよく造られている。
Track Name: 隣人 Rinjin (หน้าต่างเพื่อนบ้าน)
「 隣人」 (原題:Rinjin)

(Juu)
隣の窓を見る 昨日隣人は煙を出していた
僕のを見ると 僕のを見ると 何故だ? とても少ない
あぁ、太陽が大地に沈んでいく
心はもう求めるのだろう

(Juu)
寝転んで体をエイみたいに平たくする
硫酸ナトリウムが足りていないようだ
それは包みで それは枯れていて ラーメンの麺みたいに
シンジケートと葉っぱを吸いたいんだ
ここがポイントだ 僕らは今までと同じでなければ
まな板の横に座って吸う 覚悟という名前の薬に混ぜて
なくなった時には 覚悟しなきゃ 覚悟しなきゃ どうやって
冷たい水を飲んで 未来という明日は 鮮やかで 新たに始まる
ガヤガヤ騒がしい 気分は運河を流れる水のよう
Hit が少しあれば ボングがあれば
海苔もまだある メロディに合わせて
ココナッツのミキサー ドラムの音より凄い
本当にいいね ラム・シン(*1)  Ding a Dong
金のバーム(*2)より頭痛に効く
無理に試さなくてもいい どうしようもない位愛しいけれど 取
り乱したりしない
みんなおいでよ みんな 一緒に歌おう
一緒に歌おう 「合法化」と一緒に歌おう
合法化 合法化
一緒に歌おう 「合法化」と一緒に歌おう
合法化 合法化
一緒に歌おう 「合法化」と一緒に歌おう
見る 窓 隣人
隣人 昨日 モロ 煙い
今 見る ワタシの 煙い
なんで 煙い わぁ キレイ 日の入り
ハーブ 愛しい

(G. Jee)
あるかな 平和 会えなくて寂しい
少しでも 会えたら嬉しいな 辛いことばかりではない
いいことがあるかな 私の可愛いガンジャ
あなたと一緒で幸せです 私のガンジャちゃん
たまにはゆっくりしたら 心配した I need いっぱいのガンジャ
でも、やだ  破産(*3)した 破産やだ した 破産 やだ やだ

(Juu)
ハーブ 愛しい

(G. Jee)
嬉しいわ どこですか

(Juu)
ハーブ 愛しい
(G. Jee)
平和はどこですか

===================================

*注記:
1) ラム・シン Ram Singh:インド人のような気分を意味する。祭りや
映画でインド人はよく踊っているというイメージがあり、楽しい気
持ちを表している。
2) 金のバーム:タイで有名な塗り薬。
3) 破産:実はG. Jeeの言い間違い。「不正、賄賂」という意味のつもり
で使っています。許してあげましょう。
Track Name: Yum Klom Thung~ハナとボクの道 (ยำกล่อมทุ่ง)
「 Yum Klom Thung~ハナとボクの道」

(Juu)
TANN! TANN! TANN! TANN!

(Juu)
とっても明るくて鮮やかだよ いつになったら合法になるんだろう(そう、その通り)
あんまり待たせないで欲しい パワーチャージしたいよ(パワーチャージ)
僕はね 単純で ハイになるのが好きな人間さ(そう、その通り!)
ハイになる ハイになるのが好きさ キミは? 興味ないか(そう、その通り)
あぁ 僕はとっても傷ついているんだ でも、僕も耐えるよ(僕も耐えるよ)
あぁ 僕はとっても傷ついているんだ でも、キミは興味ないか(そう、その通り)
きっと一番素晴らしいよ もし僕がパワーチャージできるなら(パワーチャージ)
花よ…(こっちに来て)愛しい花
ガンジャの花 本当に幸せさ 僕に慈悲を それが僕の運命
あぁ もの凄く最高 この上なく最高
僕はただ座って キミと座って楽しみたいんだ

(Juu)
TANN! TANN! TANN! TANN!

(G. Jee)
行きましょう 首相 法務省 みんな一緒にチーム politic
ガンジャを吸ったら 素晴らしい あのー ちょっと ワタシの 駄々っ子 モロ 嘘
あなたは 総理 彼女は知ってる
それから Question その通りよ スラングの代わりに 横向きに寝て コーヒー飲んで 訳して imagine
ただ、あなたは嘘つき 票が欲しい よく見て 強く言ってもまだ聞かない
言ってもやらない なに食わぬ顔 一体何? そんな風にいるって 馬鹿じゃない? 水牛なの?
こんな風に嫌なことするなんて 耳がキーンってなるわ 私を怒らせたいの? でも、私だってそんなの気にしたくもないわ

(Juu)
TANN! TANN! TANN! TANN!

===================================

この曲はスリン・パークシリが作曲・プロデュースしパイリン・ポーンピブーンが歌った「Lam Klom Thung(邦題:ラム・クローム・トゥン~幻の白い鳥)」(1977)の替え歌ガンジャ・ヴァージョン。同曲はタイの大物歌手、ワイポット・ペットスパンもカヴァーしている。

パイリン・ポーンピブーンのオリジナル版はこちらで試聴可:
https://emrecords.bandcamp.com/album/lam-klom-thung-essential-phairin-phonphibun
Track Name: ソムタム侍 Somtam Samurai (feat. stillichimiya) (ส้มตำซามูไร)
「 ソムタム侍」 Feat. stillichimiya

(原題:Somtam Samurai)

(田我流)
Although Japanese but a ディークラップ(*1)
All we need is fucking freedom
Ya know music is kingdom
I'm gonna bang bang サワディカ(*2)
人生は酸っぱい 誰しも後悔で一杯
Sometime ソムタムつまみにいっぱい
ソムタム ピャオピャオ(*3)ヤークギン(*4)ビアラオ
ヤムヤム(*5)マーマー(*6)チンチン(*7)カノムチン(*8)
チョップチョップ マーマー チョップ(*9)
ママ ティラック ティラ?(*10)
Sometime ソムタム 晋三 忖度 チンロー(*11)ちんこ
ヤーマン シャーマン スリーピングブッダ
やばいサバイ世界歌う
パイナイ パイナイ コンイープン(*12)ボーペンニャン(*13)
Gang Gang Gang

(Big Ben)
はて?ソムタムって何だっけなぁー?
食ったことあったけなぁー?
どうだっけなぁー?
Sometime ソムタムって言うけど
あれ?どうだっけなぁー? ググってみっか!
あ、これ確かどっかで食ったことあったなぁー!
タイだっけなぁー?ラオスだっけなぁー?
すっぱしょっぱ甘辛で美味かったなぁー!!

(Mr. 麿)
ポムヤクパイタイ(*14)
ヤクパイタイディー(*15)
イサーンでソムタム食いながら 木陰で休みたい

(G. Jee)
タイはヤバイ、サバーイ(*16) スマイルの国 タイランド
グルメにショッピング 確かに カレーも もろウマイ とって
もおいしい
ワイン農園 侍 信玄 今、温泉に行くところ 落ち着いて、落ち
着いて

(Juu)
何にも食べるものがない 今はオハヨー っていうのは ネコが
弁当と味噌を泥棒
ノートを書いておくよ また パチンコに行くねって
トーキョーにいって ラーメン食べに行く 
ポリスが歩いて来て「すみません」って言わないかびくびく
歩き方が硬くなるね 癌以上だ 財布がなくなった 何円も残っ
てないよ

(MMM)
ポムペン コンエイジアン(*17)ワー(*18)
毎回チャス マイチャイカス(*19)明日アーガスディー(*20)な
らバスガス爆発
I just 挨拶 “チャス” (*21)
ハイサイ(*22)サワッディー”チャス”
マイディー(*23)酸っぱい顔 チャーチャー(*24)
パイメー(*25) オッパイスーチューチュー

(Young-G)
俺は探してる モーラム、ルークトゥン、レー、リケー、タルン
ダオバンドン、スラポン・ソムバッチャルン
たくさん聞きたい 掘りたい プレーンタイ
バーガンチャー(*26)でもマミパンハー(*27)
カンプチャー(*28)ならこう、オッパンハー(*29)
レコ掘りは後は 綺麗なワット(*30)
タムブンしてからラートリーサワー(*31)

====================================

*注釈:
1) いいね
2) こんにちは
3) 酸っぱい
4) 飲みたい
5) タイのインスタントラーメンの名前
6) タイのインスタントラーメンの名前
7) 本当に
8) 料理の名前:カノムチーン
9) ママーが好き
10) ねえ彼女、こっち来ないの?(イサーン語)
11) 本当に
12) どこ行くどこ行く日本人
13) 大丈夫(イサーン語)
14) タイに行きたいな
15) タイに行っていい?
16) 気持ち良い、楽だ等の意味でタイを代表する言葉。
17) 僕はアジア人
18) ソムタムプーパラー(正しくはソムタム・プー・プラー・ラー)
は辛くて臭いほうが良い。
19) カスではない
20) 天気がいい
21) こんにちは
22) こんにちは(琉球言葉)
23) 良くない
24) ゆっくり
25) お母さんの所に行く
26) ガンジャに夢中
27) 問題ない
28) カンボジア
29) 問題ない(カンボジア語)
30) 寺
31) おやすみなさい
ソムタムプーパラー ペッ ディー・クワー メン・ディー・ク
Track Name: Give Me The Way (ขอทาง)
「 Give Me The Way」
(この歌詞の二人称は大麻と女性の半々の意味を持つ)

僕が出会ったことがないみたいに
僕がサバーイだと感じるみたいに
会うのが分かっていたみたいに
キミはやって来た やって来た 僕をイラつかせに
キミは誰 どうしてそんなにスゴいんだい
そして今日こうして出会った
僕は吐いてしまいそう
僕は…体が…痺れ始めるみたいに
きっと楽しい時間になったんだ きっと僕たちが…
さあ 入って来て 火を付けて
今夜は何も気にすることはない 騒ごう
音楽が聞こえる 弦楽器を弾くのが好きなんだ 
道を開けてくれないかい 僕は酔って転がる
道を開けてくれないかい 僕は横になって転がる
道を開けてくれないかい 僕は全てを吸って笑い飛ばす
すみません 皆さん ステージに上がります
すみません 若いも 老いも 私のベースで
私のビートのベースでね 手短かに
カモン 入ってきて 踊ろう
横になろう 必要があります chass chass chass
私は貧乏 でも、踊って揺れる ピーポー(*1)みたいに 分からない 分からない
どうして心配するの すべては難しいチガウ
心配しないで カンパイしよう
ありがとうございまっち(*2) 私達は再会
あなたは先輩 私たちは後輩
あなたは後輩 私たちは先輩
同じ世界 同じ世界
OMK 世界 私たちはカンパイ

==================================================

*注記:
1) ピーポー:タイのフルーツゼリー菓子。
2) ありがとうございまっち:much と masu(ます)の造語。原詩では「thank you so musu」。
Track Name: 水牛に乗るエイリアン Alien on a Water Buffalo (เอเลี่ยนขี่หลังควาย)
「 水牛に乗るエイリアン」

(この「エイリアン」はグローバリスト/資本主義者/帝国主義者等のメタファー)

(Juu)
水牛に乗るエイリアン ヨガの行者のようにハイになる
かなりトンでるようだね ちょっと失礼して 水田の農夫のステップ踏みたいって
エイリアンが僕たちの地球にやって来た 体は灰色 乗り物が大好き
水牛見たって 食べ物じゃない 乗り物だってピンとくる 背中にひとっ飛び
だけど、水牛にだって心がある 言いたいことがある 一歩も歩きゃしない
それどころか歩いて逃げて行く 悪いけど好きなように草を食べに行きますよって
それでエイリアンはUFOに戻って命令 空に戻れ!と
帰り道で考える いくら命令しても水牛が歩かなかったのは何故だ?

(Juu)
異星の友達がいるんだ 違う星から 違う国から
違う光から 違う sound から 違う群れから 違う town から
だけど、分かってる 僕たちは違う 違う夜 違う昼間
違わないことが一つだけある ガンジャ吸うのは違わない
ガンジャちゃんはどこにだってある 銀河から月から火星にまで
いつだって僕たちはパーティー 僕たちが行くのはいろんな所 僕たちが行くとハッピー
なぜって友達がいるから 友達がいるから 名前はポール
ビーチで一服キメてたら 不思議な光のビームに遭遇
改めて気づいた 光に吸われて 僕は行った 僕は行った 真空に
乗り物の速度が 僕のズボンを 僕のズボンを 切り裂く
友達のポール パワーチャージに誘って 友達のポール ボングを洗う ボングをキレイに キレイに洗う 
ポールはプルートにバンガローを借りて ワームホールにガンジャ畑を持っている 
紙の分子を構築してロール ポールのショーに時間をもらえないかな

(G. Jee)
エイリアン エイリアーン 帰って乗り物に跨らないといけないんじゃないの

(Juu )
ヘイ! ヘイ! エイリアンの親父さん跨って ガンジャを吸って オニオンを食べる
ホモサピエンスの時代から エイリアンはぶらぶらやって来る アセアン(ASEAN)辺りにやって来る
エイリアンは命令すること見ることに慣れている 愉快だね
時間をトラベル 宇宙をトラベル 遂にやって来た 僕たちのミステリーな地球に
水牛に乗る男に遭遇 水田の持ち主だと想定
男の水牛を見て乗り物だってピンとくる 背中にひとっ飛び!

(Juu)
水牛に乗るエイリアン ヨガの行者のようにハイになる
かなりトンでるようだね ちょっと失礼して 水田の農夫のステップ踏みたいって
エイリアンが僕たちの地球にやって来た 体は灰色 乗り物が大好き
水牛見たって 食べ物じゃない 乗り物だってピンとくる 背中にひとっ飛び
だけど、水牛にだって心がある 言いたいことがある 一歩も歩きゃしない
それどころか歩いて逃げて行く 悪いけど好きなように草を食べに行きますよって
それでエイリアンはUFOに戻って命令 空に戻れ!と
帰り道で考える いくら命令しても水牛が歩かなかったのは何故だ?
Track Name: OMKのテーマ OMK Theme (หนึ่งแม่โขง)
「 OMKのテーマ」

*(Juu)
一緒に楽しもう なぜってキミは友達
天国に連れて行ってあげる
ここにあるのは 自慢の音楽 聴かせたいんだ
新しいナイトクラブやパブではお目にかかれない
みんな、これは何?って驚く

(Juu)
Hey 幸せ探しに飽きてるなら
もっと与えてあげる
キミが行ってしまったことは忘れて
一歩下がって ようこそ 僕のアブストラクトへ
サウンドトラックの様に自然の歌で囲まれて
それはアジアのサウンド スーパーアシッド
日本とタイが掻き回す 最高だろ
いいかい One Mekong がホットにする
One Mekong の名前を知らなかったら
とっても残念だよ

(Juu)
あぁ、ジョイントを もう少しジョイントを吸いたい
煙草を少し ご機嫌になれるだけ
オイシイ フレンドよ 空気はパーティー 
モロ ヤベエ ブリブリ 立ち込める煙 僕たちは One Mekong
似た者同士 用意はいいかい 音楽の匂い ストリーム
喜びを経て 脳を経て スキ スキ 大スキ

*繰り返し

(Juu)
O.M.K. 未来に向かって溢れるパッション
河の如く流れるフュージョン
僕のヘリでハイになろう
クラッカーよりもクッキーみたいにサクサクなスタイル
新しいルークトゥン ラスタ マスタ
古きタイにリスペクト
僕のラップでオリジナルアジアのフライハイ
新しいラムウォン

(G. Jee)
もう少しこっちに そう
ブリになりたかったら 近くに来て そう
もう少し吸って もう少し そう
またもう少し火を付けて 人生が濡れない様に
*繰り返し

If you like New Luk Thung ニュー・ルークトゥン (นิวลูกทุ่ง), you may also like: